日邦工業 株式会社

MENU
CLOSE

商品カタログ

T3Xハンターの銃身長を20インチに短くし、バチューサイトと呼ばれる照門を搭載したモデル。

バチューサイトは咄嗟に構えた時でも正確に照準し易く設計されており、また50m以内であれば動いている標的に対しても高確率でヒット可能な程、この
上なく優れた照準器なのだ。

T3Xはこのバチューサイトを更にカスタマイズし、蛍光ファイバー材をバチューサイト中央へ等間隔状に配置している。

これがまるで飛行場滑走路の夜間誘導灯のように見え、大変見やすく狙い易いサイトに仕上がっているのだ。

また当然ながら照星や照門板にも明るい蛍光ファイバー材が使用されており究極のバチューサイトとなった。

取り回しの効く20インチ銃身と特製バチューサイトで武装した「ブッシュライフル」それがT3Xバチューだ。





TIKKA T3X BATTUE
(ティッカ T3X バチュー)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 総重量 価格
308 Win~300 WinMag 510mm(20.0″) 3発 3.10kg 264,909円(税別)
T3Xハンターをベースとし銃身、機関部、ボルトにステンレス鋼材を採用、更に肉厚のあるバーミント銃身とフォアエンド部にボリュームを持たせたグラスファイバー製ストックを装備したモデル。

銃身、機関部、ボルトにステンレス鋼材を採用したことで、腐食に対する耐久性を向上させた、またステンレス化によってメンテナンス性も向上しており、同時にクロームモリブデン鋼銃身より銃身寿命も長くなっているのだ。

また肉厚なバーミント銃身(ヘビーバレル)仕様にしたことで「発射時のマズルジャンプの軽減」「バレルバイブレーションの軽減」「人体へのリコイルショックの軽減」をも実現した。

しかもバーミントステンレスに採用されているグラスファイバーストックには、ベンチレストライフルストック等でよく見受けられる、ワイドフォアエンド、チークピースも採用しているのだ。

これらの充実した装備内容によりベンチレストライフル級に及ぶ正確なショットが可能となった。

よってティッカT3Xバーミントステンレスは高性能かつ、コストパフォーマンスに大変優れており、また豊富な口径バリエーションも大きな魅力となっている。





TIKKA T3X VARMINT STAINLESS
(ティッカ T3X バーミント ステンレス)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 総重量 価格
204Ruger~338WinMag 510mm(20.0″)~600mm(23.7″) 3発、4発、5発 3.40~3.70kg 294,818円(税別)
ティッカT3Xバーミントステンレスをベースとし、金属部分をクロームモリブデン鋼で仕上げたモデル。

TIKKA T3X VARMINT
(ティッカ T3X バーミント)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 総重量 価格
204 Ruger~338 WinMag 510mm(20.0″)~600mm(23.7″) 3発、4発、5発 3.40~3.70kg 255,455円(税別)
ハンティングには欠かせない重要なポイントがある。

それは視覚的に周囲の環境へ自然に溶け込む「ステルス性」が重要となる。

とは言っても身体は仲間内からの誤射等を避けるために、オレンジ色のベストや帽子の着用は当然とする中、ブッシュ内で身体は上手く草木に隠れているとしても、長いライフル銃を草木の中から突き出している様子は警戒心の強い野生動物からは特に悟られやすいのだ。

そんなハンティング環境に上手く溶け込む為にティッカ T3X カモ・ステンレスのストックは「リアルツリーカモフラージュ」と呼ばれる迷彩柄仕上げになっている。

この迷彩柄は自然界にある無数の色をバランスよく配合した仕上りになっており、どのフィールドにも上手く溶け込みやすくなっている。

更に機関部と銃身には光沢を抑えたステンレス鋼材を採用し、太陽光等からの反射を抑えることで、より一層「ステルス性」を向上させている。

またT3Xシリーズのお約束通り、本銃も軽量仕様に設計されていることから、「ステルス性」+「軽量性」を身に纏ったT3X カモ・ステンレスは高性能且つ汎用性、機能性に優れたライフルとして完成したのだ。





TIKKA T3X CAMO STAINLESS
(ティッカ T3X カモ・ステンレス)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量 価格
204 Ruger~338 Win Mag 510mm(20.0″)~620mm(24.4″) 3,5発、4発(MAG) 1,080~1,130mm 2.80kg~2.90kg 281,818円(税別)
T3Xハンターをベースとし、銃身、機関部にはステンレス鋼材を採用することで、腐食に対する耐久性を向上させたモデル。

またステンレス化によってメンテナンス性も良く、同時にクロームモリブデン鋼銃身より銃身寿命が長くなっている事も大きな魅力だ。

更にストックに関しては温度・湿度の影響が少ない、ラミネートストックを採用することで更なる精度向上を狙ったライフルとして仕上がったのだ。

TIKKA T3X LAMINATE STAINLESS
(ティッカT3X ラミネートステンレス)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量 価格
204Ruger~338Win Mag 510mm(20.0″)~620mm(24.4″) 3,5発、4発(MAG) 1,080~1,130mm 3.10kg~3.20kg 294,818円(税別)
T3Xハンターの銃身長を20インチに短くし、バチューサイトと呼ばれる照門と軽量ファイバーストックを搭載したモデル。

バチューサイトは咄嗟に構えた時でも正確に照準し易く設計されており、また50m以内であれば動いている標的に対しても高確率でヒット可能な程、この上なく優れた照準器なのだ。

T3Xはこのバチューサイトを更にカスタマイズし、蛍光ファイバー材をバチューサイト中央へ等間隔状に配置している。

これがまるで飛行場滑走路の夜間誘導灯のように見え、大変見やすく狙い易いサイトに仕上がっているのだ。

また当然ながら照星や照門板にも明るい蛍光ファイバー材が使用されており、究極のバチューサイトとなった。

取り回しの効く20インチ銃身と特製バチューサイト、軽量ファイバーストックで武装した「ブッシュライフル」、それがT3Xバチューライトだ。





TIKKA T3X BATTUE LITE
(ティッカ T3X バチューライト)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量 価格
308Win~300WinMag 510mm(20″) 3,5発、4発(MAG) 1,020mm 2.80kg 235,455円(税別)
リングの下にベース部分が付く一体型。

sako用 、TIKKA用の2種類。

高さはベースマウントのExtra Lowよりも低いもの1種類。

色はそれぞれBluedとStainlessの2種類。

sako TIKKA
リングマウント

価 格:20,370円〜(税別)

ベースとリングに分かれている。

ベースはsako Long用、sako Short用、TIKKA用の3種類。

リングの高さはExtra Low、Low、Medium、Highの4種類。

色はそれぞれBluedとStainlessの2種類。

sako TIKKA
ベースマウント、ベースマウントリング

価 格:25,092円〜(税別)

2 / 212