日邦工業 株式会社

MENU
CLOSE

商品カタログ

フランスの知る人ぞ知る老舗ガンメーカーである「バーニーキャロン」そのイタリアンナイズドされたデザインと軽量設計が魅力のインパクトNTシリーズ!! 

洗練されたフレンチ旋風のごとく日本へ初上陸した。

バーニーキャロンはフランスの銃職人クロード・バーニー氏が1820年に創業した銃器メーカーだ。そのルーツは1650年代から著名だったガンスミスの家系にあり、その長い歴史の中でフランス軍や警察を含む法執行機関への納入等、狩猟銃以外での実績も大変豊富なメーカーである。

同社のインパクトNTシリーズは、数多くのアドバンテージを秘めた魅力的な自動式ライフルだ。まず最大の魅力は、軽量かつ洗練されたデザインであること。重量はわずか3.1㎏と、長時間にわたって山道を移動するシーンでは大きなアドバンテージになる軽さだ。

またバチューサイトと呼ばれるアーチ状のリアサイトと視認性抜群な光ファイバー製フロントサイトとのコンビネーションによって、より素早くターゲットを狙える仕様となっていることも、この銃の大きな魅力なのだ。




VERNEY CARRON
IMPACT NT ONE SYN
(インパクト エヌティ ワン シンセ)






メーカーからの出荷時に添付されてきた試射用標的。
射撃距離50メートルでこの精度。


豊富な付属品も魅力。左からセーフティ(トリガー)ロック、チャンバーブラシ、ベンドスペーサー(4個)、UNCLE MIKES製スリング用スイベルループ(2個)。

元先台木(シンセティック)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量 価格(税別)
30-06 520mm 5発 1,070mm 3.10kg 285,000円

フランス製

フランスの知る人ぞ知る老舗ガンメーカーである「バーニーキャロン」そのイタリアンナイズドされたデザインと軽量設計が魅力のインパクトNTシリーズ!! 

洗練されたフレンチ旋風のごとく日本へ初上陸した。

バーニーキャロンはフランスの銃職人クロード・バーニー氏が1820年に創業した銃器メーカーだ。そのルーツは1650年代から著名だったガンスミスの家系にあり、その長い歴史の中でフランス軍や警察を含む法執行機関への納入等、狩猟銃以外での実績も大変豊富なメーカーである。

同社のインパクトNTシリーズは、数多くのアドバンテージを秘めた魅力的な自動式ライフルだ。まず最大の魅力は、軽量かつ洗練されたデザインであること。重量はわずか3.1㎏と、長時間にわたって山道を移動するシーンでは大きなアドバンテージになる軽さだ。

またバチューサイトと呼ばれるアーチ状のリアサイトと視認性抜群な光ファイバー製フロントサイトとのコンビネーションによって、より素早くターゲットを狙える仕様となっていることも、この銃の大きな魅力なのだ。




VERNEY CARRON
IMPACT NT ONE
(インパクト エヌティ ワン)






メーカーからの出荷時に添付されてきた試射用標的。
射撃距離50メートルでこの精度。


豊富な付属品も魅力。左からセーフティ(トリガー)ロック、チャンバーブラシ、ベンドスペーサー(4個)、UNCLE MIKES製スリング用スイベルループ(2個)。

元先台木(木製)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量 価格(税別)
30-06 520mm 5発 1,070mm 3.15kg 298,000円

フランス製

レミントン社のボルトアクションライフルの代表格であるM700シリーズ。

このM700シリーズからあえて離れ、性能や機能を維持又は向上しながら、コストパフォーマンス重視の設計で世に出た「M783」は、マーケットからのリーズナブルなモデルを求めるニーズに、見事にマッチし成功を収めたモデルなのである。

因みにM700と比較してみると、M783は全くもって独創的なアイデアを元に設計されており、単にM700のオミット版とは言えないのだ。

むしろこの価格で、この性能、機能であれば、自分は「M783」を購入しようと思える程のライフル銃として完成していると言える。

何故ならば、銃身、レシーバー、ボルト、トリガーシステム、セイフティー機構、着脱式マガジンと、全てが一新されておりライバル各社の低価格帯
ボルトアクションライフルが、追随出来ない程のコストパフォーマンスとクオリティーに仕上がっているのだ。

特にレミントン社自慢の「クロスファイアートリガー」と名付けられた、調整式のトリガーフィーリングは1.5kgのキレの良い引き重量となっており、射撃用ライフル等に採用されているアキュラシートリガーと同性能のフィーリングに仕上がっている。

またメインセイフティー(安全装置)以外にも、オートマチックピストル等で積極的に採用されている「トリガーセイフティー」も組み込まれており、引き金を指で触らない限り、常に引き金はロックされたままなのだ。

これは銃への大きな衝撃が加わった場合等の「不意な激発防止」に役立っており、第2の安全装置も備えている事を意味している。

よってM783は安全機能面でも価格以上のクオリティーを持っているライフルとなったのだ。

その他、ストックの素材やデザインは人間工学に基づいて開発されており、頑丈で軽量な上、射撃時の反動をマイルドにする特性も備えているのだ。

またマガジン(弾倉)にしても、便利な着脱式構造を採用している他、銃身、レシーバー、ボルトに関しても素材にカーボンスチール鋼を採用し、更に仕上げを工夫することで、耐久性と滑らかな操作性も実現している。

このような安価クラスではありえない程の充実した性能や装備を身に纏った、M783は様々なモデルバリエーションも増やし、現在のアメリカ銃器市場で見事に成功を収めたのである。





Remington MODEL 783
(モデル 783)


※スコープ、カートホルダーは別売です。

 

 

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
308 Win 22″ 4発 1,079mm 3.40kg

アメリカ製

アメリカ合衆国サウスダコタ州スタージスに拠点を置く「レミントン カスタムショップ」。

この名立たるレミントン社のスペシャルセクションは別地域の工場で量産されるレミントン銃とは全く違い、ハンドメイド中心の完全オーダーメイド銃専門の部署なのである。

当然ながら同セクションで生み出される銃器類は「精度」も「質感」も桁違いな程の完成度を誇り、大量生産品にはない名職人達の卓越した技術の息吹を感じ取ることが出来る仕上りばかりなのだ。

その代表作が名銃である「M40-XBシリーズ」だ。

同銃は1962年のセクション創設以来、各ベンチレストライフル競技会を総嘗めにして来た輝かしい功績と、アメリカ軍特殊部隊用に採用され続けるといった高い信頼と実績を持っている。

それに現在でも米海兵隊、米陸軍の狙撃部隊員が頻繁にレミントンカスタムショップへ銃身作製依頼をしに訪れる程なのだ。

その卓越した技で製造される「M40-XBBRベンチレスト」は殆んどが手作業で製造されている。例を述べると、レシーバー切削加工、銃身切削加工、ライフリング切り、チャンバリング作業、レシーバーと銃身のフィティング、カスタムトリガーアッセン組立調整、ストック内部べディング作製、バレルクラウン切削微調整加工等、その他にも気が遠くなる程の工程量を全て手作業で製作し続け、試射を幾度と行い再度分解し、各調整加工を繰り返し行いながら組み上げられ、漸く1挺のライフル銃として仕上がる。

また30年以上の経験を持つ名ガンスミス達によって生まれる「27 1/4インチ ヘビーステンレスマッチバレル」は圧倒的な精度と剛性を誇り、ライフルマッチシューターの感涙を呼ぶ仕上りとなっている。

この様にワンオフレベル並みで造り出される「M40-XBBRベンチレスト」はカスタムライフル銃という領域を遥かに超えており、その高精度と完成度を車で例えるとルマンやF1で闘うワークスマシン級に匹敵すると言えるだろう。



Remington MODEL 40-XBBR Benchrest
(モデル 40-XBBR ベンチレスト)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
オーダー 27 1/4″ シングルショット 1,193mm 5.10kg

アメリカ製
※完全受注生産品

アメリカ合衆国サウスダコタ州スタージスに拠点を置く「レミントン カスタムショップ」。

この名立たるレミントン社のスペシャルセクションは別地域の工場で生産されるレミントン銃とは全く違い、ハンドメイド中心の完全オーダーメイド銃専門の部署なのである。

当然ながら同セクションで生み出される銃器類は「精度」も「質感」も桁違いな程の完成度を誇り、大量生産品にはない名職人達の卓越した技術の息吹を感じ取ることが出来る仕上りばかりなのだ。

その代表作が名銃である「M40XBシリーズ」だ。

同銃は1962年のセクション創設以来、各ベンチレストライフル競技会を総嘗めにして来た輝かしい功績と、アメリカ軍特殊部隊用に採用され続けるといった高い信頼と実績を持っている。

それに現在でも米海兵隊、米陸軍の狙撃部隊員が頻繁にレミントンカスタムショップへ銃身作製依頼をしに訪れる程なのだ。

その卓越した技で製造される「M40XBレンジマスターKS」は殆んどが手作業で製造されている。

例を述べると、レシーバー切削加工、銃身切削加工、ライフリング切り、チャンバリング作業、レシーバーと銃身のフィティング、カスタムトリガーアッセン組立調整、ストック内部べディング作製、バレルクラウン切削微調整加工等、その他にも、気が遠くなる程の工程量を全て手作業で製作し続け、試射を幾度と行い再度分解し、各調整加工を繰り返し行いながら組み上げられ、漸く1挺のライフル銃として仕上がる。

この様にワンオフレベル並みで造り出される「M40XBレンジマスターKS」はカスタムライフル銃という領域を遥かに超えており、その高精度と完成度を車で例えるとルマンやF1で闘うワークスマシン級に匹敵すると言えるだろう。






Remington MODEL 40-XB Rangemaster KS
(モデル 40-XB レンジマスター KS)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
オーダー 27 1/4″ シングルショット 1,193mm 4.65kg

アメリカ製
※完全受注生産品

レミントン社の代表格ライフルと言えば「M700」、誕生から今日まで約40年の月日の中で、様々なバリエーションを増やし展開してきた「アメリカを代表するボルトアクションライフル」だ。

その全てのM700の基盤となったモデルが「M700BDL」、言わばM700シリーズの成功の証であり又元祖M700と呼べるこのライフルについてここに紹介しよう。

同銃は一言で述べると、ハンティングライフルの必要要素を凝縮したライフル銃となっている。

何故ならば、最近の各社のライフル銃ではスコープ搭載が前提につきプレーン銃身(サイト無し)が主流だが、M700BDLにはフード付きフロントサイト、調整式リアサイトが標準装備となっており、光学機器無しでも手軽に使えるといった、昔ながらの古き良きスタイルを持っている。

勿論スコープを搭載しての使用も可能なことから、近距離でのオープンサイト射撃から長距離のスコープ射撃までオールラウンドでの使用が可能なのだ。

またストックに関してはチークピース付きモンテカルロコムを装備し、表面は艶やかで美しいグロス仕上げとなっている。

とりわけ各社共、何でも艶消仕上げが支流の現在だが、M700BDLはレシーバーの金属表面を深いガンブルーフィニッシュにすることで、とても美しい気品豊かなハンティングライフル銃として感じることが出来るのだ。

次にトリガー機構で言うと調整式の「Xマークプロトリガー」を標準装備することで、シューターの好みのトリガーフィーリング(1.59~2.27kg)に調整可能となっており、オールドスタイルながら最新の機構も兼ね備えている。

よってM700BDLは温故知新的なライフル銃として仕上がっていると同時に、ハンティングライフルの条件を余すことなく持ち合わし、美しさと使用用途の幅広さ且つバランスの取れたモデルとして完成していると言えるのだ。






Remington MODEL 700 BDL
(モデル 700 BDL)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
243 Win、270 Win、3006 22″ 4発 1,060mm〜1,180mm 3.30kg~3.40kg
7mm Rem Mag 24″ 3発 1,130mm

アメリカ製

レミントン社の各ライフルラインナップの中で、陰ならぬ人気を持ち続け、息の長いライフルがある。

そのライフルは如何なる状況下でも確実に作動し、着脱マガジン方式で即給弾出来る利点を持ち、何と前進モデルから数えると68年間も製造供給されているのだ。

そのライフルの名は「モデル7600」。

こんなに長い年数の中、同一の物が製品ラインナップから外れないのは、競争の激しいアメリカ銃器マーケット内で如何に信頼性と人気が高いかを物語っている。

事実、M7600はシンプルな構造と頑丈な設計によって、故障や作動不良は皆無に等しい。

そんなM7600の最大のアドバンテージはポンプアクション方式の為、使用する弾の弾頭形状や弾頭重量を選ばずに使用出来る上、状況によってはポンプ操作により瞬時に薬室内の使用弾を変更出来る利点を持っている。

また前述でも述べた着脱式マガジンの恩恵により、弾種の違う弾を瞬時にマガジンごと変更も出来る事や、給弾も即座に行えるわけだ。

このような使い勝手の良さや、絶対的に作動する信頼性、故障知らずな耐久性といった性質上から、長い年月間色褪せる事無く世界のポンプアクションライフル市場を独占し続け、人気を得ているライフルなのである。

Remington
MODEL 7600
(モデル 7600)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
3006、308 Win 22″ 4発 1,083mm 3.40kg

アメリカ製

ブラウンラミネートストックにバーミントバレルを組み合わせたオーソドックスなモデル。

このバーミント・ラミネート・ストックと名付けられた「M700VLS」は最もM700らしいスタイルを持ったライフルに仕上がっている。

因みに一般論で言えば、弾丸発射時のバレルバイブレーション(銃身振動)は銃身の肉厚を増せば増す程、制御可能となり集弾性能は良くなるのだ。

そこにこの26インチヘビーバレルとラミネートストックのマッチングを実行することで、やや重めのバランスの取れた仕様となりマズルジャンプ(銃身の跳ね上がり)を各段に抑えてくれる。

更に26インチと長めのバレルレングスにより中距離でのグルーピング性能が非常に良く、またストックに関しては温度・湿度の影響が少ない、強化型のラミネートストックを採用することで、更なる耐久性と精度向上を狙っているのだ。


Remington MODEL 700 VLS
(モデル 700 バーミント ラミネートストック)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
243 Win、308 Win 26″ 4発 1,162mm 4.23kg

アメリカ製

バーミント・ターゲット・ライフルと名付けられた「VTR」は独特なスタイルを持ったステンレス製銃身を採用している。

因みに一般論で言えば、弾丸発射時のバレルバイブレーション(銃身振動)は銃身の肉厚を増せば増す程、制御可能となり集弾性能は良くなるが、銃の重量は非常に重くなる欠点がある。

その欠点である重量増加を抑えることが、もし実現できたらどうだろうか?

その答えとなるのが、VTRが採用した「トライアングル・バレル」と呼ばれる銃身形状の三角化なのだ。

つまり、銃身肉厚を保ちながら銃身側面の3辺を削ぎ落すことで、上手く重量増加を抑えながら軽量化と集弾性能の向上を実現した。
また銃身の先端にマズルブレーキを装備することで、発射時の跳ね上がりと反動も抑えている。

更に操作性を向上させた大型のボルトハンドルやピカティニーベースも標準装備となっている。






Remington MODEL 700 VTR SS
(Stainless Steel)
(モデル 700 VTR SS)


※国内販売用にはバイポットは付属しません。
※スコープは別売です。

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
308 Win 22″ 4発 1,057mm 3.30kg

アメリカ製

20インチ極太ヘビーバレルと、SPSストックを装備したM700。
銃身長を可能な限り短くし、取り回し性と軽 量化を実現。銃身肉厚を通常のヘビーバレルより更に増すことで、命中精度向上に繋げた。ピカティニー ベースを標準装備。

Remington MODEL 700 ADL TAC
(モデル700 ADL TAC)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
308 Win 20″ 4発 1,006mm 3.28kg

アメリカ製

1 / 612345...最後 »