日邦工業 株式会社

商品カタログ

セミオートショットガン史上最も有名で世界の数々の銃器メーカーに影響を与えたM1100シリーズ。

また誕生から半世紀以上経った現在でも現役モデルとして活躍している、それは正に「THE AMERICAN SHOTGUN」と呼べる銃だ。

M1100は長い歴史の中で狩猟用セミオートショットガンとして、各時代毎に数多くの種類を生んできた。その進化の途中でM11-87へ狩猟用セミオートショットガンとしての座を譲り同銃はその後、射撃用専用セミオートショットガンとしての新たなる道を歩んできたのだ。

因みにM11-87の開発時はM1100自体の基本設計が当初より成熟してた為、M1100の構造、設計をそのままの状態で流用し、3インチ装弾が撃てる様に薬室やエキストラクター、バレルリングといった極数点のパーツの変更に留まっている。

その為M1100とM11-87はパーツの殆んどが共通となっており、思惟て違いを言えば「2.3/4インチ専用=M1100」「3インチが撃てる=M11-87」となり、双方のモデル共に現在でも全てのパーツが入手可能となっている。これはつまり現在でも古いM1100が修理可能となっている事を意味する。

そのように熟成を得て信頼性を持った構造を持つM1100を「クレー射撃専用」としてリメイクし、生まれ変わったのが「モデル 1100 スポーティング コンペティション」なのだ。

本銃は台木や先台木に良質な木材を採用し、銃全体には光沢のあるグロス仕上げを施すことで「古き良き時代」の職人達が手間暇かけてた頃のテイストを感じ取ることが出来る上、射撃銃としての気品と高級感も兼ね備えている。

勿論、狩猟用としての使用も問題無いことから、猟場で先輩ハンター達から親しみを込めて「お!」と一目を置かれるシーンもきっとあるだろう。





Remington MODEL 1100
SPORTING COMPETITION
(モデル 1100 スポーティング コンペティション)

番径 薬室 銃身長 プル コム ヒール 全長 総重量
12GA 2-3/4″ 28″ 360mm 38.1mm 57.2mm 3.63kg

アメリカ製