日邦工業 株式会社

商品カタログ

レミントン社の代表格ライフルと言えば「M700」、誕生から今日まで約40年の月日の中で、様々なバリエーションを増やし展開してきた「アメリカを代表するボルトアクションライフル」だ。

その全てのM700の基盤となったモデルが「M700BDL」、言わばM700シリーズの成功の証であり又元祖M700と呼べるこのライフルについてここに紹介しよう。

同銃は一言で述べると、ハンティングライフルの必要要素を凝縮したライフル銃となっている。

何故ならば、最近の各社のライフル銃ではスコープ搭載が前提につきプレーン銃身(サイト無し)が主流だが、M700BDLにはフード付きフロントサイト、調整式リアサイトが標準装備となっており、光学機器無しでも手軽に使えるといった、昔ながらの古き良きスタイルを持っている。

勿論スコープを搭載しての使用も可能なことから、近距離でのオープンサイト射撃から長距離のスコープ射撃までオールラウンドでの使用が可能なのだ。

またストックに関してはチークピース付きモンテカルロコムを装備し、表面は艶やかで美しいグロス仕上げとなっている。

とりわけ各社共、何でも艶消仕上げが支流の現在だが、M700BDLはレシーバーの金属表面を深いガンブルーフィニッシュにすることで、とても美しい気品豊かなハンティングライフル銃として感じることが出来るのだ。

次にトリガー機構で言うと調整式の「Xマークプロトリガー」を標準装備することで、シューターの好みのトリガーフィーリング(1.59~2.27kg)に調整可能となっており、オールドスタイルながら最新の機構も兼ね備えている。

よってM700BDLは温故知新的なライフル銃として仕上がっていると同時に、ハンティングライフルの条件を余すことなく持ち合わし、美しさと使用用途の幅広さ且つバランスの取れたモデルとして完成していると言えるのだ。






Remington MODEL 700 BDL
(モデル 700 BDL)

口径 銃身長 弾倉内 全長 総重量
243 Win、270 Win、3006 22″ 4発 1,060mm〜1,180mm 3.30kg~3.40kg
7mm Rem Mag 24″ 3発 1,130mm

アメリカ製