日邦工業 株式会社

商品カタログ

左モデル専用設計の本銃は、軽合金アルミ製機関部と新設計のイナーシャー式ボルトロックシステム及びWガスピストン方式により、2-3/4”~3.5”装弾でスムーズに回転し同時に高速ブローバックも実現!!

チョーク形式は新型のプロボアチョーク仕様になっている。

更に発射時には火薬の残渣を自動で掃除する「セルフクリーニングシステム」により、機関部内に汚れが回らない画期的な設計になっているのだ。

このセルフクリーニングシステム構造と「バーサポート」と呼ばれるポートシステム構造が織り成すことで、何と数千発もの連続発射テストをノークリーニング、ノートラブルで完全作動し、更には異なる装弾全長と散弾号数の混合発射の条件下で、全て撃ち切るという偉業を成し遂げた。

数千発もの常識を超えた連続発射テストを終えた射手の右横には、直径3m高さ0.7mに成る空薬莢の山が聳え立った程だ。

これは内部部品や銃の設計構造自体が、従来のレミントンショットガンとは明らかに別次元級に異なっていることで、卓越した高い耐久性や高機能性を持った「次世代型セミオートショットガン」として完成したと言える。

また、バーサマックスブラックシンセティック・レフトハンドはストックベンド部分に脱着式のラバーコムが装着されており、それぞれ高さの異なるラバーコムを入れ替えることでベンドの高さを変更出来る構造になっている。

これについて具体的な例を上げると、サボットスラッグ銃身に替えた時などは、スコープ等の光学機器を使用し照準する場合がある。

この時、当然スコープ等をマウントすれば、照準位置は必然と上がるためベンドの高さが足りなくなるのだ。

こういった場合に、全高の高いラバーコムを入れ替えるだけで、スコープの接眼レンズと眼球の位置関係が水平位置となり正確な照準が可能となる。

更にレフトハンドモデルには「専用ガンケース」「プロボアチョーク4本」「蛍光ファイバーサイト」が標準装備されている。

この様な充実設計、充実装備を纏っているブラックシンセティック・レフトハンドは数あるブランドの中でも、最高峰のレフトハンドモデルと言えるだろう。




Remington
VERSA MAX BLACK SYNTHETIC LEFT HAND
(バーサマックス ブラック シンセティック レフトハンド)



専用ガンケース付き

オプション
・ピカティニーベース
・ラバーコム

番径 薬室 銃身長 プル コム ヒール 全長 総重量
12GA 3-1/2″ 28″ 362mm 38mm 62mm 1,270mm 3.52kg

アメリカ製