日邦工業 株式会社

商品カタログ

ティッカ社は1893年創立の精密機械工業メーカーとしてスタートし、その後1918年に銃身製造を主とした企業として歩みだした。

1980年代に入るとサコー社に吸収され「ティッカブランド」としての展開を開始した。よって現在では、その長きに培った技術を発揮しアメリカ市場は元より、コストパフォーマンスの優れたハンティングライフルクラス部門で磐石の地位を築いている。

そんなティッカブランドの最新モデルが「T3Xシリーズ」なのだ。

同シリーズには多くのバリエーションが存在し、ほぼ全てのモデルが軽量に仕上がっている。
                 
「T3Xハンター」はバレル、レシーバー以外は積極的に樹脂を多用し軽量に設計され、レシーバー上部にはマウント位置の制限を受けないレール状の加工が施されている。
                 
また銃の心臓部であるボルトは、鋼材や加工法を進化させ2ラグロック機構ながら3ラグ級の耐久性と70度上げ角を実現しているため優れた速射性と搭載するスコープの制限を受けないのが最大の利点だ。

トリガー機構に関しては、レンチを使用し引き重量1.5-4kgの範囲で調整可能となっており、ウッドストックのグリップ部分には「パーム」が装着されることで、より安定した照準と射撃が可能となっている。
                 
つまり、T3Xハンターは価格以上の「高性能」をこの上なく凝縮した銃として誕生したのだ。





TIKKA T3X HUNTER
(ティッカ T3X ハンター)

フィンランド製

口径 銃身長 弾倉内 総重量 価格
204Ruger~338WinMag 510mm(20.0″)~620mm(24.4″) 3発、4発 3.00~3.20kg 278,200円(税込)